チョコレートの「ブルーム」とは?

目次

買って長いこと経ったチョコレートを開けてみたら表面が白くなっていた、という経験はありませんか?この白いものを「ブルーム」と呼びます。特に暑い時期に起こりやすい現象ですが、保管期間が長いとそれ以外の時期でも起こりえます。


なぜブルームが起こるのか?


ブルームと聞くと花を連想する方が多いかもしれません。英語の”bloom”には花の意味の他に、「蝋状の粉」などの意味もあります。チョコレートのブルームは、こちらの意味です。

ブルームは、チョコレートの中のカカオバターや砂糖が分離して表面に溶け出し、それが再度冷え固まってできたものです。風味や味は落ちますが、食べても人体には問題ありません。


ブルームを防ぐ方法


ブルームは温度変化によって起こるため、一定の温度で管理することが大切です。適切な温度帯は15度〜20度。ココアバターの融点は体温よりやや低い28度程度なので、夏場の管理が難しいことも納得です。


おすすめの保管場所


気温や湿度が高すぎず低すぎず一定に保たれ、直射日光が当たらないところ…。なかなか難しい条件ですよね。この条件に近い状態が保たれているのが、「冷蔵庫の野菜室」です。

冷蔵庫ならどこでも同じでは、などと思うなかれ。野菜室は温度が低すぎず、チョコレートの美味しさを保ちやすいのです。逆に同じ冷蔵庫の中でもNGなのは「ドアポケット」。開け閉めのたびに温度が乱高下するので、ブルームが発生しやすいのです。


それでもブルームになってしまったら…


味や風味は落ちているし見た目もよくないとわかっていても、捨ててしまうには抵抗を感じてしまいますよね。そんな方は、アレンジして食べてしまうのがおすすめです。

例えば、砕いてチョコチップにし、焼き菓子作りやシリアルに活用したり、他の油脂などと混ぜてスプレッドにしたりすると、食卓やお茶の時間がぐっと華やぎます。ソース状になったのをアイスやパンにかけても素敵ですね。


投稿日:2020年3月5日 (更新日:2022年12月4日)