チョコレートとダイエット



目次


チョコレートはダイエットには大敵と思っていませんか?確かにチョコレートには脂と糖質が多く、食べると太るイメージがありますね。その一方でチョコレートダイエットという言葉も聞いたことはないでしょうか。「チョコレートは結局、ダイエットにいいの?悪いの?どっちなの?」問題を解き明かしていきたいと思います。


ズバリ、カカオマスの量がポイント!


チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには抗酸化作用があります。これが肌や血管を若々しく保ち、血行が促進され、代謝を高めてエネルギー消費を活発にしてくれます。また、ストレスホルモンの分泌を抑える働きもあると言われ、ダイエット中のストレス系軽減やドカ食い防止にー役立ちます。しかもカカオマスに豊富に含まれる食物繊維が、便通を良くしてくれるのです。

つまりチョコレートがダイエットの味方になるかならないかは、カカオマスの含有量次第ということになります。


カカオマスの多いチョコレート


無垢チョコレートはカカオマスが多い順に

ダークチョコレート(カカオマス70~90%)
ビターチョコレート(40〜60%)
ミルクチョコレート(20〜40%)
ホワイトチョコレート(0%)

となっています。ミルクチョコレートやホワイトチョコレートは、糖質が多いので量に注意して楽しみましょう。


ダイエットに役立つ食べ方


・摂取量
 1日あたり30g以内が目安です。一般的ない板チョコレートならおよそ1/2枚程度。カロリーにすれば200kcal前後で、大体ご飯を茶碗に軽く一膳程度。これを、空腹時や食事と食事の時間が空きすぎるときに分けて食べるのがおすすめです。1日あたりのカロリーの中でチョコレート分が飛び出さないように調整すると良いですね。

・ココアでもOK
目的は「カカオマスを積極的に摂取する」ということなので、ココアでもOK!甘さを控えめにする、あるいはブラックコーヒーのように砂糖なしで楽しめばより効果的です。心配な脂質もうんと控えめになりますよ。


投稿日:2020年3月4日 (更新日:2020年8月15日)


気に入ったらシェアをお願いします!



ショップ検索



Choco.fan編集部です。 皆様のお役に立てるよう、情報を充実させていきます! よろしくお願いいたします!
Follow




同じ?違う?ホットチョコレートとココアの話

同じ?違う?ホットチョコレートとココアの話(125 Views)

ベースビーンズとフレーバービーンズ

ベースビーンズとフレーバービーンズ(158 Views)

チョコレートの「ブルーム」とは?

チョコレートの「ブルーム」とは?(150 Views)

チョコレートとダイエット

チョコレートとダイエット(149 Views)

クーベルチュールと市販の板チョコの違いって?

クーベルチュールと市販の板チョコの違いって?(147 Views)



カカオ豆を使った簡単お料理レシピ

カカオ豆を使った簡単お料理レシピ(593 Views)

チョコレートを愛した偉人たち。その楽しみ方とチョコレートの魅力

チョコレートを愛した偉人たち。その楽しみ方とチョコレートの魅力(535 Views)

チョコレートは発酵食品?菌とカカオの意外な関係

チョコレートは発酵食品?菌とカカオの意外な関係(465 Views)

密林の王のチョコレート、黄金のカカオ豆とは?

密林の王のチョコレート、黄金のカカオ豆とは?(402 Views)

生産国で味が違う!個性豊かなカカオたち

生産国で味が違う!個性豊かなカカオたち(390 Views)