クーベルチュールと市販の板チョコの違いって?

目次

バレンタインなど、チョコレート菓子を手作りしたい時に使うクーベルチュール(製菓用チョコレート)。見た目は割チョコや粒のようになっていて、市販の普通の板チョコレートとの違いがよくわかりませんね。結局、安くていつも馴染んでいる板チョコレートを使ってしまったり。でも実は、クーベルチュールには特別な意味があるのです。


クーベルチュールって何?


日本では一般的に製菓用のチョコレート全般を指してクーベルチュールと呼ぶことが多いのですが、実はクーベルチュールは製菓専用のチョコレートの中でもごく一部の厳選されたもの。「カカオ分35%以上、カカオバター31%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可」という、厳しい国際規格をクリアしたものなのです。

製菓用として最高のものだけをクーベルチュールと呼べるのですね。これほどまでにこだわった品質のものですので、もちろんカカオの風味は素晴らしく、このまま食べてもとても美味しいチョコレートです。


市販の板チョコは?


市販の板チョコレートには、カカオバター以外にも植物油脂など様々な不純物が配合されていることがあります。ただし、大手菓子メーカーに問い合わせたところ、日本国内の成分規格と国際規格とは違っており、クーベルチュールを認定する基準自体が設けられていないそう。またクーベルチュール=手作り用イメージの強さから、国内の板チョコが名乗ることはまずありません。

裏を返せば「実質的にクーベルチュール基準はクリアしているが名乗っていない、隠れクーベルチュール」があるということです(最も有名で身近なあのメーカーのあの板チョコや、別の大手メーカーのちょっと高級っぽいあのチョコなど)。道理で美味しいわけです!


終わりに


クーベルチュールを名乗るのは海外ではステータスですが、日本では名乗られないのは面白いですね。スーパーの菓子売場に行く機会があれば、裏面を見比べて「隠れクーベルチュール」を探してみてはいかがでしょう。もちろん手作り用としても実力はバッチリです。


投稿日:2020年3月2日 (更新日:2022年12月4日)