乳成分不使用チョコレートのご紹介

目次

「乳成分のアレルギーを発症してしまい、チョコレートが食べられなくなった」。「子供にチョコレートを味を教えてあげたいけれど、牛乳アレルギーだから無理…」。大抵のチョコレートに入っている乳成分ですが、諦めることはありません!乳アレさんでも食べられる、美味しいチョコレートもありますよ。


そもそも乳アレルギーって?


乳アレルギーとは、牛乳や乳加工品の乳たんぱくを摂取すると様々な症状が出るものを指します。豆乳やライスミルクやアーモンドミルクはそれぞれ大豆、米、アーモンドで作られていて乳成分は含まないため、乳アレルギー症状は出ません。また、よくチョコレートにも使われる「乳化剤」は、牛乳とは関係ありません。乳化とは油と水を均一に混ぜ合わせて安定した状態のことです。


美味しい乳成分不使用チョコレート菓子3選


① ニッコー アレルゲンフリーチョコレート ダーク

アレルゲンフリーの無垢の板チョコレートの中でも、ひときわ滑らかでコクがあり美味しいです。刻んで製菓にも使えます。特定原材料7品目不使用、しかも専門の工場で作られているためコンタミネーション(微量混入)もなく、安心して召し上がれます。近年甘いタイプの「マイルド」も発売されました。

② ハムレット チョコチップス36P ダーク

米パフ入りのベルギー産チョコレートを薄く伸ばしてチップス状に。乳不使用なのはこの「ダーク」のみで、ミルクなどの別フレーバーには入っているのでご注意ください。なお、製造ラインが同じなのでコンタミは有りです。

③ ラブクランチ オーガニックグラノーラ ダークチョコレート&レッドベリー

一口大のチョコフレーク菓子。オーツ麦・ストロベリー・ラズベリーのシリアルにチョコがたっぷりかかっています。サクサクとした食感に甘酸っぱいベリーがアクセント!

いかがでしたか?乳アレルギーさんとも一緒に、美味しいチョコレートを楽しめると素敵ですね。


投稿日:2020年1月21日 (更新日:2022年9月26日)