新星チョコレート、ルビーカカオが熱い!

目次

最近、ストロベリー味やラズベリー味ではないのに、美しいピンク色をした無垢チョコレートを店頭でよく見かけませんか?そう、近年期待の新星カカオとして注目を浴びている「ルビーチョコレート」です。色が美しいだけではなく、ベリーが入っていないのにベリー系の甘酸っぱさを持つ不思議なルビーチョコレート。この記事では、そのルビーチョコレートの魅力に迫ります。


ルビーチョコレートの特長


何と言っても最大の特徴はこのピンク色。着色料やフルーツなどは一切入れずして、あの鮮やかな色に仕上がります。その秘密はカカオ豆。「ルビーカカオ」と呼ばれるカカオ豆特有の、天然の色味なのです。

ホワイトチョコレートは茶色いカカオマスを入れないものがホワイトになるというものですが、ルビーカカオにはカカオマスが入ります。このカカオマスがルビーカカオ豆100%のため、鮮やかなピンク色のチョコレートになるのです。

⇨Choco.fanからのホワイトチョコレートについての解説はこちら! ホワイトチョコはなんで白いのか?


ルビーチョコレートは企業努力の結晶


ルビーカカオは様々な産地・品種のカカオ豆から横断的にルビー色を出せる豆を厳選したもので、「ルビーカカオ豆」という固有の品種があるわけではありません。スイスのチョコレートメーカー「バリー・カレボー社」が10年以上の歳月をかけて、ルビー色が出るカカオ豆の選別メソッドと美しい色を出す技術を生み出すことに成功しました。

2017年に同社から発表されたルビー・チョコレートは、ホワイトチョコレートなどが発表されて以来、実に80年ぶりの新しいカテゴリーとなりつつあります。


実食レポート


実際に無垢(菓子生地やナッツやサブフレーバーが全く入っていない)のルビーチョコレートを試食してみました!

まず目を惹かれるのが美しく深いピンク色。バレンタインを大いに盛り上げてくれそうです。食べてみるとフルーティーで甘酸っぱい味がまるでベリー系のようですが、ベリー系フレーバーチョコレートと違うのは、香りが純然たるカカオのチョコレートという点。普通のダークやミルクのカカオと比べ、ホワイトチョコレートに近い風味です。

余計な風味やつぶつぶ感は当然ないので、口どけがよく、ストロベリーフレーバーが苦手な人でも大いに楽しめます。純然たるチョコレートとして新たな牙城を築く新カカオとして、大変期待が感じられました。

人気爆発の予感のルビーチョコレート、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


投稿日:2020年1月21日 (更新日:2022年5月20日)