ほんとにチョコレート?驚愕の超高級チョコレートはこれだ!

目次

デパートに売っているチョコレートや、スーパーで買うことのできるチョコレート等チョコレートの価格は全く違いますよね。

1個五円で買えるチョコレートもあれば、同じぐらいの大きさにも関わらず、1粒で1000円以上もするチョコレートもあります。

実は、世界には1個あたり250万円もするチョコレートも存在しています。

気になるのは、どんな店が1000円以上のチョコレートを売っているのかということです。

今回の記事では、1粒1000円以上もするチョコレートについて、チョコの種類や販売詞得ているブランドをまとめました。


驚愕!世界で一番高いチョコレート


まずは、世界で一番高額なチョコレートについて紹介していきます。

そのチョコレートの名前はFrrrozen Haute Chocolate(フローズン・オート・チョコレート)といいます。

このチョコレートは、ニューヨークの「セレンディピティ3」というレストランで提供されています。

コチラのチョコレートには、アフリカ・南米諸国から取り寄せられた世界で最も高価で希少な14種類のカカオ豆を使用しています。

さらに、100グラム当たり55000円もするトリュフを450グラムも使用しています。

そして、24カラットの5グラムの金をトッピングし、宝石がついたスプーンを使って食べることができます。

ほとんどチョコレートとは直接関係がないところの値段のような気がしますが、それでも250万のチョコレートは非常に興味深いですよね。


日本で楽しめる1つ1000円以上のチョコレート


実は、日本にも1粒1000円以上の高級チョコレートの店舗があります。

今回は有名なさん店舗について簡単に紹介していきます。

・モンサンクレール

東京都目黒区に位置するモンサンクレールは、数々の世界大会でも優勝した辻口 博啓さんがオーナーシェフを務めるチョコレート専門店です。

モンサンクレールでは、一粒がボックスの中に入った1200円のチョコレートを楽しむことができます。

・イルサンジェー

フランスで116年続くショコラトリーであるイルサンジェーは、日本の東京に2017年に出店しました。

イルサンジェーでは、当主と1番弟子以外は見ることができない門外不出のレシピで作られた、ヘーゼルナッツがぎっしり凝縮された2層構造のチョコレートを1枚4000円で楽しむことができます。

・ブルガリ

ブルガリは大阪や、銀座などの日本に4店舗を構える高級チョコレート店です。

ブルガリでは、1粒1500円のシチリア島、ブロンテ産ピスタチオのホワイトチョコレートガナッシュをビターチョコレートでコーティングした高級チョコを楽しむことができます。


まとめ


今回は、本当にチョコレートなのか一瞬疑ってしまうかのような高級チョコレートについてまとめました。

特別な贈り物をしたいときには、高級チョコレートを送ってみるのも喜ばれるかもしれません。

参考資料

https://luxurylaunches.com/other_stuff/frrrozen_haute_chocolate_is_the_worlds_most_expensive_dessert_for_25000.php
https://winedine.exblog.jp/8454708/
https://www.ms-clair.co.jp/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000473.000011472.html

投稿日:2019年12月16日 (更新日:2022年5月20日)