意外と知らない!?チョコレートの種類の違い



目次


チョコレートと一言で言っても、その種類はさまざまなのはご存知ですか?

日本では、公正取引委員会の認定を受けた「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」によって規格が定められています。

チョコレートは、カカオマスの種類・産地・焙煎により、苦味、酸味、コク、香りなどのバランスが異なります。

未熟なものから熟したものまで、さまざまなカカオの実を使ったり、その製造法によってもいくつかの種類に分かれるのです。

ではまず、チョコレートの種類からご説明しますね。


チョコレートの種類


チョコレートは、カカオという植物の種のカカオ豆から作られます。

カカオ豆をすりつぶしてペースト状にした「カカオマス」と、カカオマスから搾り取った「カカオバター」がチョコレートの主な原料です。

その原料に砂糖や粉乳を添加して作られていますが、カカオ分の量や乳製品の有無でチョコレートの種類が分けられます。

大きく分けると「ビターチョコレート」、「ミルクチョコレート」、「ホワイトチョコレート」の3種類に分かれます。

この名前は、聞いたことがある方も多いのではないかと思います。

このベースとなる基本的なチョコレートの特徴をご紹介します。


「ビターチョコレート」


乳製品が入っていないカカオ分が多い(カカオマスが40~60%)チョコレートを、ビターチョコレートやブラックチョコレートといいます。

最近では、カカオ分70~90%という低糖のチョコレートのことをいう場合もあります。

カカオマスは多いほど苦くなるため、ほろ苦いまたは苦いチョコレートです。

ハイカカオチョコレートブームもあり、カカオ90%などのチョコレートも発売されていますが、カカオ90%となると、とても苦いチョコレートになります。


「ミルクチョコレート」


ビターチョコレートに対してミルクを含んだチョコレートを、ミルクチョコレートといいます。

日本では一番ポピュラーなチョコレートで、単に「チョコレート」と言ったらミルクチョコレートを示す場合がほとんどです。

カカオからとれた原料に、全脂粉乳や脱脂粉乳と砂糖を加えて作ります。

ビターチョコレートと違い優しい甘さとクリーミーさが特徴です。


「ホワイトチョコレート」


ホワイトチョコレートは、カカオからとれた『カカオバター』という油分に、砂糖・ミルクを混ぜて作られるチョコレートです。

茶色のカカオマスが入っていないため、カカオの味はしませんが、カカオの主成分であるカカオバターを使った正真正銘のチョコレートです。

チョコレート独特の苦みがないので、甘みが強いチョコレートになります。


これだけでなく、市販のチョコレートの表示には、チョコレート生地の割合に応じて4つの表示に分けられています。

それぞれ材料や成分の割合で、「チョコレート」、「チョコレート菓子」、「準チョコレート」、「準チョコレート菓子」と表示がされています。

まず、「チョコレート」と「準チョコレート」の違いですが、材料は同じです。

ですが、それぞれの材料や成分の割合が違うのです。

公正取引委員会の認定を受けた「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」によると、

・「チョコレート」とはカカオ分が35%以上、あるいはカカオ分21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上のチョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののこと。

・「準チョコレート」とはカカオ分が15%以上、あるいはカカオ分7%以上かつ乳固形分12.5%以上の準チョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののこと。

と記されています。

次に、「チョコレート菓子」と「準チョコレート菓子」は、

・「チョコレート菓子」とはチョコレート生地が全重量の60%未満で、ナッツや、ビスケットなど他の食材と組み合わせたチョコレート加工品のこと。

・「準チョコレート菓子」とは準チョコレート生地が全重量の60%未満で、ナッツや、ビスケットなど他の食材と組み合わせたチョコレート加工品のこと。

となっています。

アーモンドやビスケットが入っていても全体の60%以上がチョコレート生地なら「チョコレート」として販売できるということです。

もっと分かりやすく身近な商品をご紹介します。


チョコレート 明治ミルクチョコレート
チョコレート効果 カカオ72%
アーモンドアチョコレート
キットカット
チョコレート菓子 たけのこの里
ポッキー
トッポ
準チョコレート アーモンドチョコレート抹茶
キットカット オトナの甘さ
準チョコレート菓子 コアラのマーチ
ブラックサンダー

「チョコレート」と言っても、実はその種類は細かく分類されているのですね。

次回チョコレートを購入する時は、ぜひ名称や原材料をチェックしてみてください。


チョコレートの味の違い


成分の分量に違いがあることはわかりましたが、では「チョコレート」と「準チョコレート」の味の違いは、わかるのでしょうか?

《香ばしさ》

「チョコレート」・・・カカオ分の多いので、カカオ豆をローストした香ばしさを感じる。

「準チョコレート」・・香ばしいさは少なく、甘みのほうが印象強く感じる。


《まろやかさ》

「チョコレート」・・・乳脂肪分が多く含まれているので、まろやかな味わいを感じる。

「準チョコレート」・・乳脂肪分の代わりに植物油脂を含んでいることが多いので、後味が軽く感じる。


《滑らかさ》

「チョコレート」・・・口当たりに滑らかさを感じる。

「準チョコレート」・・微かに粉っぽい舌触りを感じる。

全体的に、「チョコレート」はしっかりとしたカカオ感を堪能できますが、「準チョコレート」は甘みが引き立つスイーツという印象です。


いろいろなチョコレート


一言でチョコレートと言っても、実は本当にいろいろなチョコレートがあります。

  • 板チョコレート
  • 主としてチョコレートを板状にしたもので、チョコレートの基本的なものです。

  • シェルチョコレート
  • チョコレートを型に流し込み、殻(シェル)をつくり、この中にクリーム、ジャム、ナッツ類、フルーツ類などを入れ、さらにチョコレートで蓋をしたものです。

  • エンローバーチョコレート
  • ビスケットやウェハースなどの一部または全体を覆うチョコレートです。

  • ホローチョコレート
  • 中が空洞になっているチョコレートで、イースターの卵の形をしています。

    人形、動物や色々な模型品が入っており、人形や動物など様々な立体型を楽しむチョコレートです。

  • 掛けもの(パンワーク)チョコレート
  • 回転している釜の中で、芯になるもの(ナッツ類・キャンデー類など)にチョコレート生地を掛けて作った、粒状のチョコレートです。

    アーモンドチョコレート、ピーナッツチョコレート、マーブルチョコレートなどの製品がおなじみです。

  • チョコレートスナック
  • スナックやビスケットなどにチョコレートを入れたり、掛けたり、吹き付けたり、組合わせたりしたチョコレートで、製法・製品は沢山あります。

  • ハンドメイドチョコレート
  • 洋菓子店などで作る、「手作りチョコレート」のことをいうことがあります。

  • ボンボン
  • 一口サイズのチョコレートの総称です。代表的な製品として、トリュフがあります。

    形は様々で、中身は、味わってみるまでわからない楽しさがあります。中身の代表としては、ガナッシュ、プラリネ、マージパンなどがあります。ウイスキーボンボンなども有名ですね。


  • ロシェ
  • 岩をあらわすフランス語が示すように、アーモンドなどで岩のゴツゴツ感を出したボンボン オ ショコラです。

    この『岩』は、フランスとスペインの国境に位置するピレネー山脈の麓の町『ルルド』にある洞窟を比喩しているとされます。

  • プラリネ
  • ローストしたアーモンドやヘーゼルナッツに、砂糖を焦がしたキャラメルを加えてペースト状にしたもののことを言います。一口サイズチョコレート全体のことを言う場合もあるようです。

  • ガトー ショコラ
  • ガトー(gâteau)はフランス語でケーキと言う意味で、ショコラ(chocolat)はフランス語でチョコレートと言う意味です。

    合わせると、チョコレートのケーキと言う意味になります。

  • ケーク オ ショコラ
  • 英国生まれのチョコレートのパウンドケーキをいいます。

  • フィレナワール
  • チョコレートを練り込んだスポンジケーキと、蒸留酒に漬け込んだチェリーを泡立てた生クリームに混ぜたものを交互に重ねたケーキをいいます。

  • トリュフ
  • フランス料理の高級食材トリュフに似せて作ったチョコレートのことをいいます。

    センターにガナッシュを入れ、形をいびつにしたり、また掘り出したばかりを演出するために、ココアパウダーをまぶしたりします。

  • ガナッシュ
  • 溶かしたチョコレートにたっぷりの生クリームを加えたり、または温かい生クリームにチョコレートを溶かし込んで作る口溶けの良いチョコレートです。

  • オランジェット
  • 細切りにしたオレンジピールを砂糖漬けにし、チョコレートを掛けたり、チョコレートに浸したりしたものです。

  • ドラジェ
  • アーモンドをチョコレートと砂糖でコーティングした、フランスのお菓子です。

  • エクレア
  • 細長く焼いたシューの生地にチョコレート風味のクリームをたっぷり入れ、表面にチョコレートフォンダントをぬったものです。

  • ザッハ トルテ
  • オーストリア・ウィーンを代表するチョコレートケーキです。アンズジャムを塗り重ね、チョコレートをかぶせてあるスポンジケーキです。ウィーンの菓子職人 フランツ ザッハにより考案されました。

  • チョコレートマカロン
  • 粉末アーモンド、砂糖、卵白にココアを混ぜた生地の中に、ガナッシュチョコレートが詰まった、口当たりの軽いフランス菓子です。

  • チョコレートタルト
  • タルト生地のなかに、ガナッシュチョコレートをつめたものです。小さ目のものは、タルトレットといいます。

  • チョコレート コポー
  • スイートチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートなどをスライスしたもので、かつお節を削ったような形状をしています。洋菓子やアイスクリームなどのトッピングに使われます。

  • チョコレート スプレー
  • チョコレートを細かい麺状に絞り出し、冷やしてレボルビングパン(回転釜)で細かい棒状にしたものです。

  • グラサージュ ショコラ
  • チョコレートケーキに溶かしたチョコレートを上掛けすることをいいます。

  • フォンダンショコラ
  • 外見はチョコレートケーキのようですが、中はチョコレートが半熟状態のお菓子です。

    フランボワーズ(ラズベリー)を加えることで、酸味が加わり一層美味しくなります。

  • オペラ
  • コーヒーとチョコレートのコンビネーションが楽しめるケーキです。

  • チョコサラミ
  • イタリアの伝統菓子として受け継がれる、サラミそっくりのチョコレートです。


まだまだ他にも知らないチョコレートがありそうですが、合わせる食材や見た目、用途によって、これからもどんどん新しいチョコレートが出てきそうですね。


チョコレートの保存方法


チョコレートの賞味期限は、チョコレートの形状や種類によって異なります。生クリームが入ったものや水分量の多いものは、賞味期限も短くなっているので注意が必要です。

また、チョコレートはデリケートな食べ物なので、温度変化にも敏感です。

チョコレートが最も嫌うのは「急激な温度変化」です。

基本的にチョコレートの保存に適正な温度は15℃前後と言われています。湿度は50%前後で、多湿、直射日光を避けた涼しい場所が保管に最適です。

生チョコレート、ガナッシュチョコレートなど、中にクリームなどが含まれているチョコレートは、一般的なチョコレートよりも高い温度に弱いため、冷蔵庫で保存した方がいいでしょう。

また、湿気や温度の変化によって結露が発生すると、白い粉が目立つようになります。これは「ブルーム」と呼ばれるものです。

食べるのに問題はありませんが、香りがなくなり、食感もボソボソと悪くなります。

保存方法にも気をつけて、チョコレートを美味しい状態で食べれるといいですね。


まとめ


普段何気なく食べているチョコレートにも、たくさんの種類があり、「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」によって表示方法もさまざまです。

チョコレートを、好みの味や種類で食べている方も、健康のために食べている方も、自分の用途ににあったものを選んでいただけるように、成分などをしっかりと見極めてご購入してください。

こんなにたくさんの種類があるので、食べ比べてみるのも面白そうです。

買い置きする際には、最後まで美味しく食べれるように、保存方法や賞味期限にもお気を付けくださいね。


投稿日:2019年10月10日 (更新日:2020年5月28日)


気に入ったらシェアをお願いします!




Choco.fan編集部です。 皆様のお役に立てるよう、情報を充実させていきます! よろしくお願いいたします!
Follow




同じ?違う?ホットチョコレートとココアの話

同じ?違う?ホットチョコレートとココアの話(48 Views)

ベースビーンズとフレーバービーンズ

ベースビーンズとフレーバービーンズ(64 Views)

チョコレートの「ブルーム」とは?

チョコレートの「ブルーム」とは?(66 Views)

チョコレートとダイエット

チョコレートとダイエット(72 Views)

クーベルチュールと市販の板チョコの違いって?

クーベルチュールと市販の板チョコの違いって?(64 Views)



チョコレートは発酵食品?菌とカカオの意外な関係

チョコレートは発酵食品?菌とカカオの意外な関係(286 Views)

チョコレートを愛した偉人たち。その楽しみ方とチョコレートの魅力

チョコレートを愛した偉人たち。その楽しみ方とチョコレートの魅力(273 Views)

カカオ豆を使った簡単お料理レシピ

カカオ豆を使った簡単お料理レシピ(268 Views)

生産国で味が違う!個性豊かなカカオたち

生産国で味が違う!個性豊かなカカオたち(253 Views)

密林の王のチョコレート、黄金のカカオ豆とは?

密林の王のチョコレート、黄金のカカオ豆とは?(250 Views)